旅館&カフェ

 城崎にある旧消防署のリノベーションとして、旅館、カフェとアートギャラリーの複合施設がオープンしました。47年間街を守り続けた消防署の記憶を残すことと、霞に包まれる竹田城をイメージするのにBタイプ金網の装飾が採用されました。

アートギャラリーカフェの正面
写真:母倉知樹

この建物「UTSUROI TSUCHIYA ANNEX」はアートギャラリーカフェで正面にBタイプの金網が装飾で使われています。
金網の張力を利用して美しい平面を出しています。また金網は透けるので、旧消防署建物の形そのままに表現しています。

アートギャラリーカフェの正面、旧消防署のマークが見える
写真:母倉知樹

 建物センターには旧消防署のマークがそのまま残され、金網越しに見ることができます。新しいものが生まれても記憶がそのまま残り城崎の街に溶け込んでいくようです。

アートギャラリーカフェ内部から城崎の街並みを望む
写真:母倉知樹

 カフェ内部からは、城崎の街並みが見渡せます。窓の上部に少し金網がかかっているのですが、全く気にならなく広い空間をそのままに使えます。

アートギャラリーカフェ2階、宿泊施設内部
写真:母倉知樹

 宿泊施設の内部の壁面には、この建物のイメージとなった竹田城の絵が描かれています。雲海に浮かぶ天空の城として有名ですが、この霞に包まれるイメージを金網で表現しました。しかも取り付けられた金網からの透過光で建物内部はとても明るくなっています。

アートギャラリーカフェ2階、宿泊施設テラス
写真:母倉知樹

 テラスからは、城崎の街を眺めることができます。景色を遮る金網があるとは思えない、見やすさです。金網は光の関係から、暗い側に立つと、明るい側は見えやすくなります。逆に明るい側から暗い側は見えないので、昼間は外から部屋内部が見えにくくなり、プライバシーを守ることができます。

アートギャラリーカフェ 休憩室の金網
写真:母倉知樹

 建物内部の休憩スペースにも金網が採用されています。空間を遮るのですが、閉塞感がなくスッキリとしています。

アートギャラリーカフェ 夕暮れ時
写真:母倉知樹

 日が傾くと建物の表情も刻刻と変化します。金網が霞のように薄いベールを被せているようです。

アートギャラリーカフェ ブルータイムの金網
写真:母倉知樹

 日が暮れると、建物内部の光が金網に反射し美しく浮かび上がります。古い記憶と新しい風を吹き込む素晴らしい建物が城崎に誕生しました。

使用した金網

Bタイプ金網
今回使用したメッシュは B Typeの金網です。

Bタイプの金網は張力があるので、綺麗な平面を作ることができます。頑丈で力が分散されるので保護面に利用したいとき等、様々なシーンで利用されています。